沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > せ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

"青磁
読み方:セイジ
磁器の一種。釉薬と素地に含まれる微量な酸化第二鉄が強力な還元炎焼成によって酸化第一鉄に変化し、器面に青色、青緑色を発色するやきもの。"
"精陶器
読み方:セイトウキ
非常に緻密な組織の純白またはそれに近い素地の陶器。"
"青白磁
読み方:セイハクジ
影青(インチン)のこと。"
"石版絵付
読み方:セキハンエツケ
石版印刷で陶磁器の上絵具を紙に印刷し、これを施釉器面に転写する絵付け法。"
"瀬戸焼
読み方:セトヤキ
愛知県瀬戸市一帯で焼かれる陶磁器。やきものは一般にせとものと呼ばれるくらい、瀬戸地方は一千年以上に及ぶ陶製の歴史をもち、日本の陶磁史で中心的役割を果たしてきた。須恵器と灰釉陶器を焼成した我国最大の古窯郡・猿投(さなげ)古窯の発掘で明らかにされたように、平安初期(9世紀初頭)既に尾張の青瓷と呼ばれる釉薬のかかった器物が官窯で造られていた。桃山期(1573~1603)には茶の湯の隆盛とともに、千利休、古田織部、小堀遠州らの指導により瀬戸黒、黄瀬戸、織部、志野、織部黒などが作られた。"
"攻焚
読み方:セメダキ
焼成の終りに近くなって温度の上昇が穏やかになったとき、攻めるように連続的に薪を投入して窯内の酸素の供給を断ち、還元炎を出す窯焚法"
"セラミックス
読み方:セラミックス
原義では、単数扱いだと窯業とか製陶術の意となり、複数扱いでは陶器の意味になる。今日一般に使われている語義では広く粘土の使用に関するすべての工業、またそれから派生する製品をすべて含めてセラミックスと呼ぶ。"
"煎茶器
読み方:センチャキ
煎茶をたてるのに用いる道具。陶製のものには焜炉、急須、湯沸し、水差し、水注ぎ、茶碗、茶壷、こぼしなどがある。"
"千利休
読み方:センノリキュウ
1522~1591(大永元~天正19)安土桃山時代の茶人。茶の湯の大成者。はじめ武野紹鴎に師事、村田珠光の茶の源流を探求。本能寺の変後は豊臣秀吉に仕え茶頭になる。"
陶芸教室体験,陶芸療法