沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > ね用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"寝かし
読み方:ネカシ
成形前に素地練土を湿気のある場所に貯蔵すること。目的は(1)水分の均等化(2)土中の有機物を発酵させてバクテリアを繁殖させ素地を弱酸性にして成形しやすくする(3)発酵により生ずる遊離酸によって土中含有のコロイド物質が凝固し、素地練土の可塑性が増し、成形作業が容易になる。"
"猫掻き
読み方:ネコガキ
猫が爪でひっかいたように、櫛目の粗い刻線をいう。珠光青磁や朝鮮の金海茶碗に見られる。"
"鼠志野
読み方:ネズミシノ
志野焼の一種。鉄分の多い鬼板、自然の酸化鉄、を溶かした泥で白素地全体をすっぽり塗り潰した後、文様を掻き落としてその上に厚い白釉を施したもの。"
"根抜
読み方:ネヌケ
(1)唐津焼、特に古唐津のひとつ。素地は白土または赤土で、鉛色の釉が掛かり高台内はちりめん皺のような絞り状の土が現れている。(2)瀬戸の陶祖・加藤四郎左衛門の茶入。(3)陶磁器で、同系統の窯中最古の製品という普通名詞にも使われる。"
"練上手
読み方:ネリアゲデ
複数の異なった土を重ねたり練り込んだりして、さまざまな文様を表す成形技法。"
"練上手志野
読み方:ネリアゲデシノ
鉄分の少ない白土と多い赤土を混合して作ったもの。"
"粘土
読み方:ネンド
粘り土でやきものになる土という意味で漠然と使われることが多い。"
陶芸教室体験,陶芸療法