沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > の用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"のぞき
読み方:ノゾキ
覗。深めの向付。"
"覗き穴
読み方:ノゾキアナ
窯内の焼成温度や焼成程度を観察するため窯の側壁に設けられた穴。色見穴。"
"登窯
読み方:ノボリガマ
陶磁器を焼成する窯の一種。丘陵の傾斜面に沿い階段状に築き、燃料の原理と予熱を利用し下前部の焚口から投入する燃料(薪)の加熱効率をよくするよう下方から次第に上方に焼き上げてゆく方式の焼成窯。下前部から焚口、胴木間(燃焼室)、捨間(灰の溜まる室、灰気が多いので器物は詰めない。灰間、無駄窯ともいう)と続き、さらに一の間(第一焼成室)、二の間(第二焼成室)があり、最上段は煙突とダンパー(排気ガス開閉調節板)となっている。"
"野焼
読み方:ノヤキ
焼成窯を考案する以前、人間が平地や窪みに薪や藁を積み上げ、その上に粘土で成形した器物を置き燃やし、熾(消し炭)の上に載った形の器物の回りのさらに薪を積んで焼成する原始的焼成法。"
"のんこう
読み方:ノンコウ
京都樂家三代道入の異名。"
陶芸教室体験,陶芸療法