沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > は用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"坏土
読み方:ハイド
陶磁器を作る素(生)地土のこと。"
"灰釉
読み方:ハイユウ・ハイグスリ
草木の灰を媒熔剤(素地の成分や釉薬を熔け易くする物質・フラックス)とした釉薬。"
"萩焼
読み方:ハギヤキ
山口県萩市と長門市で焼かれる陶器。領内・防府から出る大道土(国鉄小郡と防府の間の大道村で産出する蛙目土)で成形、特有の藁灰質の白濁釉を掛けた萩焼に茶陶としての作風が確立されたのは江戸前期とされ、茶人の間で、一楽二萩三唐津などと賞玩された。"
"白磁
読み方:ハクジ
白色の硬質磁器。素地に高純度の白陶土(カオリン)を用いた白色磁胎に透明な高火度釉を施したもの。"
"刷毛目
読み方:ハケメ
白泥(白化粧土)を堅い刷毛で一気に器物に塗った加飾法。"
"土師器
読み方:ハジキ
古墳時代から奈良・平安時代にかけて用いられた素焼土器の総称。"
"埴輪
読み方:ハニワ
古墳の外周に並べられた素焼きの中空土製品。"
"半磁器
読み方:ハンジキ
陶器と磁器の性質を併存している焼物。陶器より長石などフラックス(媒熔剤、融剤)の含有量が多く、よく焼き締まってはいるが、完全には磁器化せず、吸水性があるもの。"
"藩窯
読み方:ハンヨウ
江戸時代に封建大名の支配する諸国の藩が経営した窯。""媒熔剤
読み方:バイヨウザイ
フラックス。他の物質に混ぜると、そのものの融点を下げる物質。"
"馬上杯
読み方:バジョウハイ
高台が非常に脚高な酒杯。"
"万古焼
読み方:バンコヤキ
伊勢国(三重県)桑名の商人・沼波弄山が江戸中期の元文年間(1736ー41)に創始した陶器。"
陶芸教室体験,陶芸療法