沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > ひ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"緋色
読み方:ヒイロ
火色。やきものの表面にほの赤く現れた斑紋。素地中の鉄分が酸化してぼかした赤色に発色する。"
"火裏
読み方:ヒウラ
焼成の際、炎の火勢に直面しない器物の側面。"
"火表
読み方:ヒオモテ
焼成の際、炎の火勢に直面する器物の表面。"
"醤手
読み方:ヒシオデ
還元焼成されるべき青磁の鉄釉が急激に酸化焼成されたために茶褐色に化けたもの。高麗茶碗の雲鶴青磁などが窯変によって茶褐色になったものをいう。"
"左糸切り
読み方:ヒダリイトキリ
左回転の轆轤(中国のものが多い)で糸切した痕跡。"
"火間
読み方:ヒマ
釉の掛からない箇所で素地が露出して赤く焼けた状態、または、釉が切れたり縮んだりして火色の出た部分。"
"紐作り
読み方:ヒモヅクリ
粘土で紐を作り、底面とした粘土の平面の周囲上に、それを巻き上げるようにして積み上げ、器物を成形し、積み上げて一体となった粘土の表裏を滑らかに整える成形技法。"
"氷裂文
読み方:ヒョウレツモン
釉の罅、(ひび)つまり貫入が大きく、氷の裂け目のように感じられるもの。"
"備前焼
読み方:ビゼンヤキ
岡山県備前市(備前国伊部)一帯で焼かれる炻器。備前焼は釉を用いない、自然の土味とさまざまな窯変を生かし堅く焼締められた炻器である。備前焼窯変の主なものには、火襷(器物に藁を巻付けて酸化焼成すると、藁のアルカリ分と素地中の鉄分が反応し緋色の筋が現れる)、牡丹餅(焼成時、器物表面に底が円や楕円の器物を載せておくとその部分に火色の色変りの景色ができる。初めは偶然の現象だったが、今日は、薄い粘土製のものを載せて加飾するのが普通)、胡麻(焼成中に、窯の自然灰が降りかかって器物の肌を荒らし、胡麻状にする現象。榎肌(薪が燃焼する時、特に火度高く火勢の強い所で自然灰が付着し、素地中の鉄分の加減で器物の肌が榎の木肌のように荒れ青黄色に発色することがある。"
"ビードロ釉
読み方:ビードロユウ
松灰に長石を少量混合した釉で、青緑色あるいは黄色に呈色する。"
陶芸教室体験,陶芸療法