沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > め用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"名物
読み方:メイブツ
選ばれた由緒ある優れた茶道具。名物とは本来、名または、銘のつけられたすぐれものという意味で、茶の湯道具の世界で使われるようになったのは15世紀以降。通常、名物は大名物、名物、中興名物の三種に分類される。大名物というのは、千利休以前の東山時代のもので東山御物をはじめ村田珠光から、武野紹鴎に至る茶匠の好みによる茶器。名物は利休時代に著名になった道具をいうが、織田信長や豊臣秀吉が千利休や津田宗及らに選ばせたり、名物狩りと称して収集したコレクション。中興名物とは古堀遠州の選定したものをいう。"
"メクレ
読み方:メクレ
焼成中に、釉薬が素地から剥れ、めくれたような状態になっているもの。"
"目砂
読み方:メスナ
焼成中に器物が熔着するのを防ぐため、重ね焼きの合わせ目や器の高台の下に塗る砂。硅石粉を用いる。"
"メチ
読み方:メチ
紐状に伸ばした粘土。"
陶芸教室体験,陶芸療法