沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > ら用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

"雷文
読み方:ライモン
稲妻をデザイン化したもの。稲妻形に屈折した線で形成する連続模様や四角い渦巻き状の文様。"
"楽焼
読み方:ラクヤキ
(1)京都の軟質雅陶。初代長次郎が豊臣秀吉の聚楽第内で、千利休の指導で製陶し、初め聚楽焼と呼ばれた。次いで二代常慶が樂の印字を秀吉から賜り、以後家号としてこれ(樂家)を用い、やきものは樂焼の名で呼ばれるようになった。樂焼はいずれも指先で捻って作る手捻り手捏ねで焼成火度の低い軟質の粗陶器である。(2)観光地や行楽地などで顧客が軟陶質の素焼素地に下絵で絵付すれば業者が低温で溶ける透明釉を掛け簡単な電気炉などで手軽に(800~900度)焼付けてくれるやきもの。これも普通名詞で楽焼という。"
"楽焼釉
読み方:ラクヤキグスリ
楽焼に使う低下度のフリット釉。"
"ラスター彩
読み方:ラスターサイ
ラスターの原義は、きらめきとか輝きとかいう英語。光の角度によってやきものの表面がキラキラと七色の虹のように輝く光沢をもつペルシア施釉陶器。この現象は、釉薬の表面に置かれた顔料の非常に薄い金属皮膜が光線を複雑に乱反射するオパール現象によって、生ずるもので、金彩などのストレートな輝きとは異質の幻想的なものといえる。"
"卵殻磁器
読み方:ランカクジキ
卵の殻のように薄い素地で中国明代に作られた精緻な磁器。"
"藍彩
読み方:ランサイ
唐三彩の一種。コバルト低火度釉を施された青い軟陶器。"

陶芸療法教室体験,