沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > ご用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

呉器
読み方:ゴキ
高麗茶碗の一種。口縁部がやや外に開き、丈が高く、見込みも深く高台も高く外に開いている(撥高台)薄手大ぶりの茶碗。
五彩
読み方:ゴサイ
中国明時代(1368~1644)に集大成された白磁の上絵付技法、およびその作品。高火度釉のかかった白磁を素地に、低下度の緑、黄もしくは赤などの明るい上絵具を焼付ける。
呉須
読み方:ゴス
コバルト化合物(酸化コバルトが主成分)を含む鉱物で陶磁器に使う絵付顔料の一種。
呉須青絵
読み方:ゴスアオエ
青呉須。白磁に簡単な青の絵付のあるもの。
呉須赤絵
読み方:ゴスアカエ
赤絵呉須。呉須手(粗製染付磁器)あるいは白磁素地に濃厚鮮明な絵具を使い、赤線を主体とした奔放な五彩文様を描いたもの。
胡麻
読み方:ゴマ
備前焼などの器物の表面に窯中の燃料の灰が降りかかり、それを被った付着部分が自然の灰釉となり、一種の釉薬を掛けたようにぶつぶつと黄色っぽい胡麻粒のようなものができる。
ゴム版絵付
読み方:ゴムバンエツケ
ゴム版に絵具を付けて器物に文字、文様を転写押印する手法。

陶芸療法教室体験,