沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

HOME > ガイド > じ用語集沖縄県の陶芸しょっ!陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

沖縄陶芸体験,教室,漆喰シーサー作りしょっ!

陶芸は作業療法,芸術療法,セラピーとして認められています。沖縄の空の下体験しませんか

陶芸の魅力 土を練る泥遊び 粘土をちぎったり叩いたり削ったりものづくり作業 出来あがりを想像しての絵付け、施釉時には七輪など自分でで焼く火遊び、できた作品を使いまたはお友達にプレゼントする喜びなど魅力満載です。そのひとつ、ひとつの作業、充実した時間が癒し、リラックス効果、ストレス解消、集中力の向上につながります。
脳を活性させ、指先の運動にもなる陶芸は身体のリハビリ効果、精神疾患の回復など作業療法,陶芸療法としても効果が期待できます。最近では出張陶芸をデイサービスのレクレーションに取り入れられ施設もあります。心も体もリフレッシュ、ウェルネス。こんな楽しくて心体にもいい陶芸を始めませんか?陶芸しょっ!沖縄陶芸しょっ!は興味のある方,これから始める方、始めたばかりの方をサポートするサイトでありたいと思います。

沖縄県で陶芸体験や教室の案内,漆喰シーサー作り、やちむん作品販売。陶芸は脳や体によく,陶芸療法,芸術セラピーの効果が出ており、デイサービスなど高齢者のリハビリ,レクレーションにも取入れられています。沖縄南部観光斎場御嶽や久高島などパワースポットのオプショナルツアーとしても人気です。

陶芸しょっ!あ~わ用語集目次 目次へ戻るボタン

陶芸教室、体験

磁器
読み方:ジキ
陶器より高温で焼成、完全に熔化し、生地は着色前なら白色、またはそれに準ずる色で、よく焼締まり硬度は堅く、ガラス質化し、施釉前でも生地は緻密で不吸水性があり、僅かな透光性があり、軽く叩けば、澄んだ清音を発する。食卓用器や美術装飾品は「china(チャイナ)」というのが普通。磁器は大きく分けて次の二種類がある。
瓷器
読み方:ジキ
中国唐代ではうわぐすりのかかった施釉の器を指し、現代中国では磁器を瓷器と表記している。
磁土
読み方:ジド
磁器製造に適した粘土。
蛇窯
読み方:ジャガマ
登窯の原始的な形態でへびがまともいう。丘陵を蛇が這い登るように30-40メートルも長く築かれ、間仕切りはない。
重要無形文化財保持者
読み方:ジュウヨウムケイブンカザイホジシャ
人間国宝。
紹鴎
読み方:ジョウオウ
武野紹鴎(1502-55)室町末期の茶人。境の富商で村田珠光系の茶道を学び、侘び茶を完成に近づけた。小座敷の数奇屋を考案。千利の師。
上手物
読み方:ジョウテモノ
一品制作の上等な美術工芸品。
縄文式土器
読み方:ジョウモンシキドキ
縄文時代(推定約1万2千年前の日本の新石器時代から弥生時代の始まる紀元前3世紀頃まで続いた、日本考古学上の区分による時代)に製作、使用された土器。
ジルコン磁器
読み方:ジルコンジキ
ジルコンをフラックス(融剤)として用いた硬磁器。

陶芸療法教室体験,