沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

徳島県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

徳島県 陶芸教室、体験

教室名   住所    電話番号
大西陶器製造所 徳島県鳴門市大麻町大谷字山田18 088-689-0414
だいやま陶芸村 徳島県板野郡上板町神宅字台山4 088-694-6336
田村陶芸展示館陶芸道場 徳島県鳴門市大麻町大谷字道の上3-1 088-689-4039  
巣林窯 徳島県海部郡美波町山河内字西山167 0884-77-2627  
大谷焼窯元陶業会館梅里窯 徳島県鳴門市大麻町大谷字道の上30-1 088-689-0048

徳島県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

大谷焼
大谷焼(おおたにやき)は、徳島県鳴門市大麻町大谷で作られる陶器である。2003年(平成15年)9月に経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定された。
概要
寝轆轤と呼ばれる独特の轆轤を用いて制作される大甕で知られる。寝轆轤は相手が寝ながら足を用いて回す仕掛けで基本的に大甕作りは二人の呼吸が合っていないと作れない。なお、この大甕は阿波地方の特産である藍染めに欠かせない道具であり、藍甕と呼ばれる。
大谷焼は元々、染付磁器が焼かれていた。だが、経営悪化で廃窯となり、これを藍商人であった賀屋文五郎らの手によって再興、信楽の陶工の協力もあって藍染の需要に見合った大甕を焼くことになったのである。
明治に入ると化学染料の開発、生活様式の変化に伴い、藍甕の需要は激減、不振に陥った。それでも脈々と大甕作りは続けられ、今日に至っている。また、現在は壺、皿、徳利、片口、茶器などといった小物を焼いている窯も見られる。