沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

大分県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

大分県 陶芸教室、体験

教室名   住所    電話番号
親子de陶芸教室(九州工芸 大分県中津市山国町宇曾710-2/td> 0979-72-3904
工房tomo 大分県大分市横瀬1991-6 097-541-1992
かやごもり窯 大分県宇佐市安心院町萱籠683-2 0978-48-2023
陶芸教室 じゃみん 大分県大分市坂ノ市南1-1-24 097-593-3360  
陶家 piccolamano 大分県中津市東浜750-20 0979-25-2262
陶工房まる 陶芸教室 大分県大分市小野鶴向島1208-1 080-3908-6082
隆泉窯陶芸教室 大分県大分市萩原3丁目12-36 097-558-8090  
夢工房田吾作 大分県由布市庄内町大龍2177-1 097-582-2389  
夢工房あすか 大分県大分市南春日町12-8 097-545-3581  
もの・創る・もの(人) 大分県大分市大道町5丁目1-53-1F 097-545-3619  
火売陶芸教室 大分県別府市火売6-1 0977-66-9571
日出暘谷焼聖山窯 大分県速見郡日出町大字川崎48-5 0977-72-9945  
陶遊空間 大分県大分市大字荏隈4-1 0120-111448  
陶桃花 大分県大分市大字荏隈大石町4丁目1 097-544-0095  
陶芸工房城冠窯 大分県中津市大字永添2564-2 0979-23-4183
さくら文化センター 大分県佐伯市野岡町2丁目5-43 0972-24-0703  
桂山窯 大分県由布市湯布院町川南779-3 0977-84-3749  
ギャラリー円 大分県中津市大字永添2564-2 0979-23-4183  
花朝窯陶芸教室 大分県佐伯市新女島16 0972-22-2007  
大分市河原内陶芸楽習館 大分県大分市大字河原内3863-2 097-596-1070  
円林寺文化会館ギャラリー円 大分県中津市大字永添2564-2 0979-23-4183  
衛藤陶器教室 大分県玖珠郡玖珠町大字岩室708 0973-72-1441  
うめの里陶芸工房 大分県佐伯市宇目大字南田原2400 0972-54-3911  
臼杵無彩窯工房 大分県臼杵市大字深田9 0972-65-2551  
陶芸友の会 大分県大分市賀来北3丁目5-24 097-549-2843

大分県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

●小鹿田焼
小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あい、皿山を中心とする小鹿田地区で焼かれる陶器である。その陶芸技法が1995年(平成7年)に国の重要無形文化財に指定され、2008年3月には地区全体(約14ヘクタール)が「小鹿田焼の里」の名称で重要文化的景観として選定されている。
概要
小鹿田焼は、江戸時代中期の1705年(宝永2年)若しくは、1737年(元文2年)に、幕府直轄領(天領)であった日田の代官により領内の生活雑器の需要を賄うために興されたもので、福岡県の小石原から招かれた陶工の柳瀬三右衛門と、彼を招いた日田郡大鶴村の黒木十兵衛によって始められた。元は、享和年間に小石原焼の分流の窯として開かれていたものであるという[1]。このため、小鹿田焼の技法には小石原焼と共通するものがある。
朝鮮系登り窯で、飛び鉋、刷毛目、櫛描きなどの道具を用いて刻まれた幾何学的紋様を特徴とする。トビカンナ(飛鉋)は、宋時代の修式窯飛白文壺との類似が見られる。また、釉薬の使い方には打ち掛け、流し掛けなどといった技法が用いられ、原料によってセイジ(緑)、アメ(飴)、クロ(黒)が主である。
陶土を搗くための臼は「唐臼(からうす)」と呼ばれるもので、ししおどしのように受け皿に溜まった水が受け皿ごと落ちる反動によって陶土を挽いている。その音は「日本の音風景100選」の一つにも選ばれている。
民芸運動を提唱した柳宗悦が1931年(昭和6年)にこの地を訪れ、「日田の皿山」と題して評価する内容の一文を発表したこと、さらに、日本の陶芸界に大きく名を残したイギリスの陶芸家、バーナード・リーチも陶芸研究のため、1954年(昭和29年)、1964年(昭和39年)に滞在して作陶を行ったことにより、小鹿田焼は日本全国や海外にまで広く知られるようになった。