沖縄 陶芸体験 漆喰シーサー作りしょっ
南部なちゅら店

栃木県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

全国には数百箇所にも上る教室があります。教室のスタイルもいろいろ
ご自分にあった教室が見つかると思います。

全国の体験陶芸、教室一覧

栃木県 陶芸教室、体験

教室名   住所    電話番号
月谷窯 栃木県足利市月谷町1164 0284-43-1476  
セラミックアートカフェ陶 栃木県宇都宮市今泉町856-3 028-627-6207  
さいか 栃木県日光市所野2550-73 0288-53-3379
小峰窯元センター 栃木県芳賀郡益子町大字益子3169-1 0285-72-6311
クラフトQb 栃木県那須郡那須町大字湯本203-96 0287-76-6477
鬼怒焼上原窯 栃木県日光市町谷1920-7 0288-21-7674  
亀工房 栃木県那須郡那須町大字湯本350-10 0287-76-1096
大田原与一窯 栃木県大田原市福原1433 0282-44-0486  
エスポワール西洋陶絵付教室 栃木県下都賀郡大平町大字西水代2784-45 0282-44-0486  
今市陶芸の里 栃木県日光市平ケ崎648-1 0288-22-9128  
足利陶芸教室 栃木県足利市猿田町1-33 0284-41-8250  
アサヒアート(株) 栃木県小山市大字羽川688 0285-24-3030  
エスポワール 栃木県下都賀郡大平町大字西水代2784-45 0282-44-0486
宇都宮陶芸倶楽部 栃木県宇都宮市下田原1418 028-672-1577
宗八窯 陶芸教室 栃木県芳賀郡益子町上大羽3386 0285-70-6234
しもつけ陶芸倶楽部 栃木県足利市大前町1448 0284-63-0565
百香 栃木県佐野市飛駒町5201-8 0283-66-2171  
Mui陶芸教室 栃木県宇都宮市若草3丁目16-17-106 028-624-4745
益子陶芸塾 栃木県芳賀郡益子町大字益子757-2 0285-72-7521  
益子陶芸倶楽部 栃木県芳賀郡益子町大字益子3288 0285-72-3866
ほん陶 栃木県宇都宮市北一の沢町20-17 028-624-8922
飄風窯 栃木県鹿沼市下田町2丁目1228 0289-62-3064  
南平台多巳一窯 栃木県那須郡那珂川町小口1342 0287-92-2448  
長島陶芸倶楽部 栃木県足利市板倉町609 0284-63-1039  
陶遊舎谷口 栃木県宇都宮市大谷町1032 028-652-6261
陶松益子指導所 栃木県芳賀郡益子町大字大沢2932 0285-72-9735
陶芸体験教室よこやま 栃木県芳賀郡益子町大字益子3527-7 0120-696864
寺久保陶芸塾 栃木県佐野市寺久保町296 0283-25-1744

栃木県 陶芸体験,学習,教室,漆喰シーサー作り,沖縄観光しょっ!

●益子焼
益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器。
毎年、ゴールデンウイークと11月3日前後に「益子大陶器市」が開催され、500を越える店舗が出て賑わっている。
歴史
江戸時代末期、嘉永年間に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされる。
当初は水がめ・火鉢・壺などの日用品が主に製作されていたが、1927年より創作活動を開始した濱田庄司によって花器・茶器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られることとなる。1979年には通商産業省(現、経済産業省)より、伝統的工芸品に指定された。また、イギリスの陶芸家バーナード・リーチなどの普及活動がある。
特徴
益子焼は石材粉や古鉄粉を釉薬にし、犬毛筆で色づけを行う為、重厚な色合いとぼってりとした肌触りに特徴がある。また、材料の性質上割れやすく、材料の性質上割れやすく重いという欠点もある。

●小砂焼
小砂焼(こいさごやき)は栃木県那須郡那珂川町にて焼かれる陶器。
沿革
水戸藩主、徳川斉昭が馬頭の地で良質の陶土を発見、窯を開いたのが始まりで、藩の御用窯として庇護された。現在も那珂川町小砂地区には数軒の窯元が存在し、閑静な焼き物の里を築き、日用雑器を焼き続けている。近郷には馬頭温泉郷があり、土産物向けの食器も多い。
特徴
小砂焼の特徴は何と言っても「金結晶」と呼ばれる黄金色の釉薬であり、素朴な意匠ながら瀟洒な上品さがある。他に桃色がかった辰砂釉も特徴的。

●三毳焼